本文へスキップ

재일본조선민주녀성동맹



地域活性化を更に進める決意新たに~今期初 兵庫県支部、分会役員会議~№168
ウリウリコッポンオリ かながわコンサート ~オリニフェスタ2018~ №167
民族芸術を通して地域を活性化!~京都同胞女性芸術発表会盛大に開催~№166


女性同盟第30回大会開かれる  
「輝かしい未来を見据えて 同胞女性のために、同胞女性と共に!」

女性同盟第30回大会が6月8日、東京の朝鮮会館で開かれ日本各地から代表が参加した。
会場には総連中央許宗萬議長が訪れ、いつも希望に満ち同胞社会のために尽力する女性同盟の活動家らを力強く激励した。また「沖縄の風」代表の参議院議員糸数慶子氏, 新社会党副委員長の富山栄子氏も駆け付け連帯のメッセージを伝えた。
29期を総括し30期の新たな方向について提起した女性同盟中央本部姜秋蓮委員長は、歴史の転換点に立つ今日において民族の心を、代を継いで守り育てることの重要性を改めて強調しながら、具体的な課題について述べた。そして「輝かしい未来を見据えて、同女性のために、同胞女性と共に!」のスローガンのもと一致団結し取り組んでいくことを呼びかけた。大会では西東京、長野、北海道、埼玉、兵庫、東京、大阪の代表が在日同胞の権利擁護と同胞社会の繁栄のために努めてきたこの間の活動について発表、各地域で盛んに行われた芸術サークルの公演も行われ大盛況となった。
大会では姜秋蓮委員長(再選)をはじめとする役員らが選出された。

(6/13更新 №165)





女性同盟結成70周年 記念行事特集