本文へスキップ

재일본조선민주녀성동맹


国連、朝鮮高校への無償化適用を勧告
ー日本当局の不当な弾圧を訴えた国連での活動ー

~多くの声援コマプスムニダ!~

国連子どもの権利委員会は2月7日、スイス・ジュネーブで記者会見し1月16日、17日にかけて行われた4回目となる日本についての審査結果を発表しました。
9年ぶりとなる日本審査に参加するため、去る1月15日から19日まで「朝鮮学校学生、オモニ代表団」がスイス・ジュネーブを訪れました。
代表団の派遣に際し各地で「ワンコイン募金」運動が行われ、2カ月という短期間に約7000名の有志たちが賛同してくださり、募金額は467万円に達しました。募金に参加して下さった皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。チョンマル コマプスムニダ!
代表団メンバーは無償化実現を願う在日同胞や海外の同胞たちの気持ちを胸に、無償化実現に対する国際的な世論を高めるため対日本審査傍聴、委員に対するロビー活動を積極的に行いました。
その結果、対日本審査において朝鮮学校の「高校無償化」に関する質問がなされたばかりでなく、昨日発表された子どもの権利委員会「総括所見」に「〔高校〕授業料無償化制度」の朝鮮学校への適用を促進するために基準を見直すとともに、大学・短期大学入試へのアクセスに関して差別が行なわれないことを確保すること。」との文言が入り、日本当局の朝鮮学校生徒への差別是正を強く求めました。
この勧告は、代表団と皆さまで共に勝ち取った成果であり、高校無償化適用を含む民族教育権擁護のための運動をより強く推し進めていく上で重要な契機になります。
女性同盟では今後、各地で同胞や日本の支援者を対象とした報告会を行い、文科省や地方自治体に対する要請活動、抗議集会などを積極的に行っていく予定です。


2019.2.9 No.172


新着情報

機関紙<朝鮮女性>2018秋・冬号 発刊! No.170
集まれ!コッポンオリフェスタ2018 女性同盟西東京 子育て支援特別企画№169
地域活性化を更に進める決意新たに~今期初 兵庫県支部、分会役員会議~№168
ウリウリコッポンオリ かながわコンサート ~オリニフェスタ2018~ №167
民族芸術を通して地域を活性化!~京都同胞女性芸術発表会盛大に開催~№166

女性同盟第30回大会開かれる  
「輝かしい未来を見据えて 同胞女性のために、同胞女性と共に!」

女性同盟第30回大会が6月8日、東京の朝鮮会館で開かれ日本各地から代表が参加した。
会場には総連中央許宗萬議長が訪れ、いつも希望に満ち同胞社会のために尽力する女性同盟の活動家らを力強く激励した。また「沖縄の風」代表の参議院議員糸数慶子氏, 新社会党副委員長の富山栄子氏も駆け付け連帯のメッセージを伝えた。
29期を総括し30期の新たな方向について提起した女性同盟中央本部姜秋蓮委員長は、歴史の転換点に立つ今日において民族の心を、代を継いで守り育てることの重要性を改めて強調しながら、具体的な課題について述べた。そして「輝かしい未来を見据えて、同女性のために、同胞女性と共に!」のスローガンのもと一致団結し取り組んでいくことを呼びかけた。大会では西東京、長野、北海道、埼玉、兵庫、東京、大阪の代表が在日同胞の権利擁護と同胞社会の繁栄のために努めてきたこの間の活動について発表、各地域で盛んに行われた芸術サークルの公演も行われ大盛況となった。
大会では姜秋蓮委員長(再選)をはじめとする役員らが選出された。

(6/13更新 №165)

女性同盟結成70周年 記念行事特集