本文へスキップ

 재 일 본 조 선 민 주 녀 성 동 맹 

在日本朝鮮民主女性同盟

在日本朝鮮民主女性同盟 結成70周年 特設ページ
ECRUIT

今年10月12日に結成70周年を迎える女性同盟。
全国で催される記念行事のご案内と様子を随時ご紹介いたします!

<在日本朝鮮民主女性同盟結成70 周年祝賀会>
~ 神奈川・埼玉・宮城 ~

11月10日、<女性同盟結成70周年 神奈川記念祝賀宴>が横浜市内のホテルにて、11月11日、<女性同盟結成70周年記念 宮城同胞女性の集い(講演・公演)>が仙台市内のホテルにて、同日<女性同盟結成70周年 埼玉記念モイム(沿革史上映・講演・公演)>が埼玉市の会館にて盛大に催された。 女性同盟埼玉県本部では5月14~15日、結成70周年記念の旅行も企画し静岡県伊豆半島の温泉で有意義なひと時を送った。
女性同盟神奈川県本部

女性同盟宮城県本部


女性同盟埼玉県本部
(11/16更新 №149)

<在日本朝鮮民主女性同盟結成70周年祝賀会>
~ 愛媛・栃木・長野 ~

11月3日「在日本朝鮮民主女性同盟結成70 周年記念愛媛同胞祝賀会」が四国朝鮮初中級学校 運動場にて、11月4日「女性同盟結成70 周年記念栃木同胞女性の集い」が 栃木県下野市内にて、11月5 日「女性同盟結成70 周年記念女性同盟長野祝賀会」が長野県松本市内にて、盛大に催された。

女性同盟長野県本部

女性同盟栃木県本部

女性同盟愛媛県本部
(11/8更新 №147)

<在日本朝鮮民主女性同盟結成70 周年祝賀会>
~ 福岡・愛知・新潟 ~

10月24~25日、女性同盟福岡県本部による「女性同盟結成70 周年記念旅行」が山口県長門にて、10月26日「女性同盟結成70 周年記念 愛知顧問の集い」が名古屋市内にて、10月29日「女性同盟結成70 周年記念 新潟県祝賀会」が新潟朝鮮初中級学校にて 盛大に催された。

女性同盟福岡県本部

女性同盟愛知県本部

女性同盟新潟県本部
(11/2更新 №146)

<在日本朝鮮民主女性同盟結成70周年 祝賀会>
~ 京都・山口 ~ 

10月15日京都朝鮮会館にて<女性同盟結成70 周年記念京都府祝賀会>が、9月30 日山口県下関市内にて<女性同盟結成70 周年記念山口県同胞女性集会>が盛大に行われた。

女性同盟京都府本部

女性同盟山口県本部
(10/23更新 №145)

同胞社会のあたたかさ、尊さを実感
~福岡で70周年記念の支部対抗ソフトバレー大会~

 <女性同盟結成70周年記念 福岡県第7回支部対抗ソフトバレー競技大会>が10月9日、小倉市内で開催された。
30代から60代まで127名の選手たちの白熱した試合の結果、70周年の意義深い大会では遠賀支部遠賀レディースが優勝。2位に小倉支部JKI、3位には八幡支部イプニAチームが輝いた。
その親しみやすさから幅広い世代が楽しめるソフトバレー。参加者たちは終始絶えない笑いの中で、同胞社会のあたたかさ、尊さを強く感じていた。
開会に先立ち女性同盟中央本部から、各地の子育てサークルを応援する<子育て支援地域活動補助金>が4つのサークルに渡された。

(10/14更新 №144)


<在日本朝鮮民主女性同盟結成70周年 祝賀会>
~ 佐賀・岡山・北海道 ~

9月19 日佐賀県内にて<女性同盟結成70 周年慶祝大会>が、10月5日岡山県内にて<在日本朝鮮民主女性同盟結成 70周年記念 岡山同胞女性の集い>が、10月10日札幌市内にて<北海道同胞女性達の祝賀会>が盛大に行われた。

女性同盟佐賀県本部

女性同盟岡山県本部

女性同盟北海道本部
(10/13更新 №143)

<在日本朝鮮民主女性同盟結成70周年 祝賀会>
~ 福島・東京・福井 ~

9月25日 郡山市内にて<ヨメン結成70周年慶祝 福島県女性の集い>が、9月30日都内にて<女性同盟結成70周年記念 東京同胞女性の祝賀会>が、10月1日北陸朝鮮初中級学校にて<女性同盟結成70周年記念 福井県同胞女性祝賀会>が盛大に行われた。

女性同盟福島県本部

女性同盟東京都本部

女性同盟福井県本部
(9/27更新 №140)

<在日本朝鮮民主女性同盟結成70 周年代表団> 祖国訪問

 女性同盟結成70周年を記念して、98名の同胞女性達が9月1日~12日まで祖国を訪問した。
70周年代表団は12日間にわたり万景台、綾羅イルカ館など平壌の市内観光や妙香山、開成、板門店等の各地の訪問、親族訪問等楽しくも意義深い日程を過ごした。
11日には、平壌の人民文化宮殿で代表団のための宴会が盛大に行われた。
金一順団長は、「70年間、女性同盟を導いて下さった祖国を思うと感謝の念が溢れるばかりだ。代表団には顧問だけでなく若い世代の女性達も沢山いる。彼女達にとってこの度の祖国訪問が、『女性同盟の愛族愛国の伝統』を引き継いでいくきっかけになる事を願う。」と述べた。

(9/27更新 №140)

同盟結成 70周年記念支部対抗ボーリング大会
女性同盟広島県本部主催

 8月20日、女性同盟広島県本部が主催する「結成70 周年記念支部対抗ボーリング大会」が行われ、同胞女性と子どもたち約40名が参加しました。
毎年の恒例行事でもあり「今年こそは優勝を!」と支部別5チームの熱戦が繰り広げられた結果、安定したチームワークを誇る西支部が優勝を飾りました。また「ベストドレッサー賞」には、東支部の分会長が輝きました。
笑いのたえないゲームの最中も参加者たちは、70年の女性同盟の歴史を振り返りながら、同胞女性たちが寄り添い集える楽しい場をこれからも作っていこうと語り合いました。11月25日に予定されてる「女性同盟結成70周年記念式典」も大成功させようと盛り上がりました。

(9/12更新 №139)

同盟結成70周年記念 オリニフェスタ
女性同盟兵庫 オリニフェスタ「ノピノピ ナララ 1,2, JUMP!2017」~

女性同盟結成70周年記念行事の第一弾として、兵庫オリニフェスタ「ノピノピ ナララ 1,2,JUMP!2017」が6月25日、神戸芸術センターにて行われ、0~6歳までの学齢前オリニ214名を含む計683名が参加した。
1部では、県下幼稚班園児たちの合唱に続き、兵庫青商会からのプレゼントとして「3びきのこぶた(劇団かっぱ座)」が上演された。 
2部では、初級部学区別に準備されたオモニ達の演目が披露され、ウリ童謡に合わせた手あそびや体操、クイズ、リトミック、「兵庫オリジナル体操」などで会場は大いに盛り上がった。
会場ロビーでは、ウリハッキョ紹介するコーナーや民族固風習紹介コーナーが設けられた。
参加者たちは「幼稚班園児たちの合唱が素晴らしかった。素敵なプレゼントもうれしかった。」、「オモニ達の公演に学区の特徴が出ていてとてもよかった。」などの感想を述べていた。

(2017年8月7日更新 / №136)

女性同盟結成70周年記念 作品展示会
女性同盟兵庫 支部・分会 文化サークルの活動~

女性同盟兵庫県下の支部、分会が運営する文化サークルで制作された 絵画、工芸、習字等の作品が展示されています。是非、会場に足を運んでご覧になって下さい!

◇ 開催日 : 2017年8月18日(金)~20日(日)
  時 間:10:00~18:30  (20日は午後4時まで)

◇ 会 場 :こうべまちづくり会館 3階多目的室
     アクセス http://www.kobe-machisen.jp/access/

←ちらし(クリックすると拡大します。)
(2017年8月7日更新 / №135)

次世代へ繋ごう、ニョメン活動
~女性同盟結成70周年記念・岩手同胞女性たちのモイム~

7月5日、女性同盟結成70周年記念・岩手同胞女性たちのモイムが盛岡市内のホテルで開催された。
女性同盟岩手県本部曺貞喜委員長の挨拶のあと、女性同盟が歩んできた70年の歴史について女性同盟中央本部金才順国際統一部長が講演した。講師は県本部結成当時の記事を「女盟時報」(機関紙創刊号)から引き出し、結成の経緯を強調しなが相互扶助の精神で同胞同士が助け合い民族教育に力を注いできた愛族愛国の軌跡を語った。写真のスライドショーでは県の活動を振り返り、若き日の同胞の顔を見つけては歓声が上がった。
2部は場所を宴会場に移して祝賀会。卞順漢顧問が70年の思い出を語ったあと、祝杯を挙げた。
久しぶりの再会に参加者らは同胞の安否を確認し、話が尽きなかった。
会場では、「朝鮮の平和と統一のための全民族大会」に送る統一旗にそれぞれ統一への想いを込めて寄せ書きをした。
(2017年7月28日更新 / №133)

同盟結成70周年記念 ドッジボール大会&焼肉交流会
~女性同盟京都で初の試み、大いに盛り上がる!~ 

女性同盟京都府本部が主催する「同盟結成70周年記念ドッジボール大会&焼肉交流会」が6月18日京都朝鮮初級学校で行われ、30歳から80歳までの同胞女性と子どもたち、関係者計177名が参加した。
梅雨時にも関わらず結成70周年をお祝いするかのような晴天に恵まれた当日、開会式では総連京都府本部委員長、女性同盟京都府本部委員長のあいさつに続き、選手宣誓が行われた。
各支部とオモニ会で構成された10チームによる熱戦、オモニ達と子供達との親子対決が行われ、ドッジボール大会は終始盛り上がった。チーム対抗戦は京都第二初級オモニ会が優勝を手にし、1位から4位が表彰され賞金が授与された。
大会後、焼肉交流会が行われた。結成70周年に際し女性同盟を労おうと、総聯本部や支部、朝青の役員たちが焼肉の準備を担当。汗を流したあとに食べる焼肉は格別だと言いながら、交流会も歌と踊りで大いに盛り上がった。
参加者たちは「とても楽しかった。ドッチボール競技を通して支部の団結がより強まった。」、「焼肉もとても美味しかった。子どもたちと楽しい時間をすごせて本当に嬉しい」と感想を述べた。

(2017年7月23日更新 / №132)

未来への希望に満ちた姿を披露
~女性同盟結成70周年記念 大阪総合文化公演

女性同盟結成70周年記念大阪総合文化公演が6月25日、大阪朝鮮文化会館で行われ、約700人が観覧した。公演には41人の1世、2世顧問から5世までの同胞女性たちを中心に約400人が出演。出演者たちは、祖国、同胞、次世代への溢れんばかりの愛情を歌と踊りで表現し、先代からの愛族愛国のバトンが脈々と受け継がれていることを示した。未来への希望に満ちた女性たちの姿で、会場は華やかに彩られた。
公演は祖国を称える歌の大合唱で幕を開けた。
第1部では、女性同盟の70年の歩みを収めた映像や舞踊、祝賀詩、女性コーラスなどが披露され、金剛山歌劇団による特別出演もあった。
若い世代の出演者を中心に構成された第2部には、民族器楽演奏、サムルノリとナンタ、ダンス、三人漫才などが舞台に上がり、顧問たちへの花束の贈呈などのサプライズ演出もあり、会場は終始笑いと感動に包まれた。中でも、舞踊と大合唱を融合し、約400人の全出演者によって作り上げられたフィナーレは圧巻だった。
民族衣装に身を包み観客席からその姿を眺めていた顧問たちは、頬を濡らしながら、ひと際大きな拍手を送っていた。女性同盟生野西支部 沈美福さんは、「公演の成功を目指す過程は、オモニたちの力を集める過程でもあった。その結果、地域がとても活気づいた。代を継いで女性同盟大阪の名をとどろかせたい」と語った。女性同盟大阪府本部 夫貞生委員長は、「祖国を想う曇りなき心、同胞社会の発展を願う真っすぐな心を、これからも代を継いで花咲かせていきたい」と語った。

(2017年7月11日更新 / №131)

在日本朝鮮女性同盟結成70周年 記念公演・芸術競演・祝賀会
~ 伝統継承、さらなる発展を ~

4月25~26日、北海道から九州まで全国の女性同盟の代表らが東京に集まり、結成70周年を盛大に記念した。記念行事は、歩んできた誇り高い70年を振り返り、その輝かしい伝統を継承し、新時代での飛躍を胸にさらなる発展を誓う輝かしい場となった。 25日に東京・北区の北とぴあで行われた<女性同盟結成70周年記念芸術コンクール>では、全国の予選で好成績をおさめた34のサークルから350余人が参加。声楽、民族楽器、舞踊の3部門に分かれ審査が行われ、各部門で最も優秀な作品に選ばれた7作品が、優秀作品発表会の舞台に上がった。女性同盟結成史上初となるこのコンクールは、女性同盟第29回大会で提唱された民族文化運動の一環として催された。 続いて26日に上演された70周年記念公演<한마음 이어(つなげよう一つの心)>には、各地の芸術サークル員と同胞女性ら約500人が出演し、1300人が観覧した。 70年の伝統を胸に、女性同盟だけが作り上げることのできる、世界に2つとない素晴らしい公演と称された公演に、2階席まで埋め尽くされた会場は、70周年を迎えた喜びと熱気、拍手喝采に包まれた。 観覧者たちは、「女性同盟の70年の歴史はまさに闘いの歴史。その歴史が描かれた素晴らしい公演だった。結成初期からの歴史を知る人は、一層感動を深めたことだろう」、「公演の成果はそのまま民族教育の成果であり、それが舞台をより輝かせたと思う」などと感想を述べていた。 同日夕方にホテル椿山荘で行われた<記念祝賀宴>には、女性同盟の活動家と地域の代表、総聯の各機関と団体の代表、日本の友人ら約400人が参加した。宴会では金剛山歌劇団の公演が行われ、参席者たちは、会食を楽しみながら話に花を咲かせ、時には踊りの輪が広げながら宴を楽しみ、有意義なひと時を過ごした。 姜秋蓮委員長は挨拶で、1947年10月12日に結成された女性同盟が70年の歴史を刻むことになったとし、あらゆる困難を乗り越えながら愛族愛国運動を繰り広げ貴重な成果をもってこの場に集まった同胞女性たちに祝福と感謝のあいさつを送った。委員長は、70年の歴史には祖国の温かい配慮が常にあったと振り返り、今後も「女性同盟結成70周年を大きな成果で輝かしく迎えよう」というスローガンを掲げ各地の女性同盟組織が一大キャンペーンを繰り広げ、年間を通して多彩な慶祝行事を催すことによって、一心団結の力と同胞社会にあふれる愛国の心を誇示していこうと強調した。(2017 年5月16日更新 / No.124)


女性同盟芸術競演参加サークルの紹介⑦・⑧
滋賀県静岡支部カヤグムサークル・女性同盟埼玉県本部 合唱団

女性同盟滋賀大津支部カヤグムサークルは、4名の部員全員が初心者。2009年から8年間、毎週水曜日に支部で元歌舞団団長指導のもとに練習を重ねてきた。
子育て真最中の同胞女性達が、日頃の疲れを癒す為に始めたサークルだったが、いざ練習を始めてみると、初めての民族楽器に四苦八苦した。今では、様々な行事で練習成果を披露し、同胞達や子供たちに民族楽器の魅力を伝えながら、好評を得ている。「競演大会には、ゼロから始めた8年間の練習成果を披露する集大成として臨みます。」と、責任者のキムさんは意気ごみを語る。

女性同盟 埼玉では、3つのコーラスサークルが集い、36名の合唱団が競演大会に参加する。25年の歴史をもつ南部支部コーラスサークル、忙しい合間に夜の練習を積んできたパワフルな中部支部サークル、子供たちが学ぶ学校で練習を重ねてきた若い世代の本部サークル。この3つのサークルが、南部支部チョウ副委員長の情熱的な指揮のもと、合同練習を重ねてきた。
<한마음한뜻(心ひとつ)>を合言葉に、70周年を迎える喜びと自負を見事な音量と歌声で披露する埼玉合唱団は、地域同胞社会の一翼を担っているパワフルな存在。
競演大会では、埼玉同胞女性が作詞した歌 < 저희들앞길은창창합니다(私たちの輝かしい未来)を披露する。

(2017年4月24日更新 / №132)

女性同盟芸術競演参加サークルの紹介⑤・⑥
東京都大田支部 朝鮮舞踊サークル・愛知県名港支部コーラスサークル

女性同盟東京都大田支部 朝鮮舞踊サークルは、2009年1月に本格的な活動を開始した。 30、40代の部員は、経験者から未経験者までの幅広い層の11名で構成されている。 東京第6初級学校で毎週水曜に行われる練習では情熱的な講師の指導のもと、基本動作、作品練習以外にも健康体操やリズム体操を導入されている。部員のユさんは、「いつか大きな舞台で踊りたいという夢が叶った。初心を忘れずに競演大会に臨みたい。」と抱負を語った。

女性同盟愛知県名港支部コーラスサークルは、今年で結成30周年。 50~60代の12名の部員が月に2回支部会館での練習に励んでいる。サークルを通じて一層親しくなった部員達は、女性同盟の活動でも重要な役割を担っている。部員の金さんは「人生最後の晴れ舞台と思い、一生懸命練習に臨んでいる。競演大会に向けた練習を通じて、サークルの場が<自分自身が輝ける場>だという事を再確認した。これからも可能性を探りながら、笑顔溢れるサークル発展の為に努力したい。」と瞳を輝かせた。


(2017年4月16日更新 / №131)

記念公演に向け準備に拍車
~女性同盟結成70周年/第1回リハーサル~

4月26日に東京で行われる女性同盟結成70周年記念公演「つなげよう一つの心( 한마음이어)」の準備に拍車がかかっている。公演には、関東地方の芸術サークル員と同胞女性、前日に開催される女性同盟芸術サークルコンクール参加者ら約500人が出演する。
第1回リハーサルが3月25日に東京中高で行われ、合唱と舞踊の部門別練習と、これらを合わせる練習などが行われ、出演者たちの士気がさらに高まった。
女性同盟神奈川県本部の朴京愛副委員長は「記念公演の舞台では、子どもたちの明るい未来に向け力強くたたかっている女性たちの熱い気持ちを表現したい」と意気込みを語った。
これに先立ち3月20日にはカヤグム併唱と民族弦楽合奏の練習も成果的に行われた。
一方、4月25日に東京で行われる女性同盟芸術サークルコンクールには、北は北海道から南は九州に至る34の芸術サークル員340人が参加し、声楽、民族器楽、舞踊の3部門に分けその芸術性を競う。
(2017年4月3日更新 / №130)

女性同盟芸術競演参加サークルの紹介③・④
北海道札幌支部 メアリコーラスサークル・兵庫県姫路支部 舞踊サークル

女性同盟北海道札幌支部「メアリコーラスサークル」は平均年齢62歳。16名の部員が月に1回札幌市全域から集い練習を行っている。2003年の発足以来、学んだ歌は100曲を超えた。特にこの一年は女性同盟の70年の歴史を胸に、競演大会を目指した練習に励んできた。「人々に感動を与えると共に、民族性溢れる豊かな同胞コミュニティーを守っていく事がサークルの使命」と、練習に精を出している。

女性同盟兵庫姫路支部 舞踊サークルは、昨年11月に開かれた芸術発表会「オルシグチョッタ、ニョメン兵庫」をきっかけに2016年4月に発足した。40~50代の10名の部員たちは、月1度の練習を週1度に増やし最後の仕上げに余念がない。朝鮮舞踊を愛してやまない部員達。家事や仕事はもちろん女性同盟活動・オモニ会活動もこなしながら、「兵庫の代表として、団結力と精神力を誇示したい」と意気込んでいる。

(2017年3月26日更新 / №129)

女性同盟芸術競演参加サークルの紹介①・②
千葉県千葉支部 コーラスサークル・福岡県福岡支部 和白分会チャンゴサークル

1980年に結成された伝統ある女性同盟千葉県本部千葉支部 コーラスサークルは、現在11名の部員が月に2回練習を行っている。広い地域を管轄する千葉支部では、同胞女性が集う練習の場が貴重。サークル練習の場を通じて情を通わせながら、違う分会の同胞女性達とも交流が広がっている。この度の競演大会をきっかけに部員を増やし、より民族性溢れる同胞社会へ繋がるよう練習に励んでいる。

1995年から22年間続いている女性同盟福岡県本部福岡支部 和白分会チャンゴサークルは、40~60代まで 8名の部員が月2回福岡初級学校の教室で練習を行っている。同胞女性どうし絆を含める憩の場となっているチャンゴサークルは、同胞の新年の集いや分会の行事等がある度にチャンダンを披露し練習の成果を発揮している。部員達は、新しいチャンダンを習得する喜びと分会に対する愛着を一層深めている。

(2017年3月18日更新 / №128)

記念公演 ≪한마음 이어 ハンマウム イオ≫

←クリック
日  時:2017年 4月26日(水) 開場13:30/開演14:00
     ※公演所要時間 1時間20分
場  所:北とぴあ さくらホール

入場無料 ※観覧の際にはこちら↓の整理券が必要となります
←クリック

練習風景
(2017年3月3日更新 / №125)

女性同盟芸術サークル競演大会

日時:2017年 4月25日(火) 13時~
場所:北とぴあさくらホール(舞踊・器楽)・つつじホール(声楽)
※競演後、17時よりさくらホールにて優秀作品発表会が行われます。

左:さくらホール、右:つつじホール
(2017年3月10日更新 / №126)

4月25日に東京都北区<北とぴあ(ほくとぴあ)>でおこなわれる< 女性同盟芸術競演>に、北海道から九州まで全国34のサークルが参加。

女性同盟結成70周年を輝かせよう!
~70周記念感謝の訪問運動を開始~


今年10月、結成70周年を迎える女性同盟では「70年の伝統を引き継ぎ、明るい未来へ!」というスローガンを掲げ、全国で感謝の訪問運動を展開している。(210日から1031日まで)
この訪問運動は、来年の「女性同盟第30回大会」に向けて支部や分会の活性化を図り幅広い同胞女性網を築いていく事を主な目的としている。

女性同盟では70周年記念中央行事として、各地の芸術サークルによるコンクール(425日)、約500人の同胞女性が出演する記念公演「つなげよう一つの心(한마음이어)」(426日)、記念大会(109日)等を東京で開催する。
各都道府県本部でも本部や支部、分会主催の多彩な記念イベントが予定されている。
(2017年3月10日更新 / №127)