本文へスキップ

 재 일 본 조 선 민 주 녀 성 동 맹 

在日本朝鮮民主女性同盟

文化活動

14チームが熱戦、大阪・生野南が連覇
~ 在日本朝鮮オモニ中央バレーボール大会~

「第25回在日朝鮮オモニ中央バレーボール大会」が4月6~7日に愛知県名古屋市の愛知県体育館で行われた。8地域から予選を勝ち抜いた14チームが参加、白熱の試合を繰り広げた。
6日に予選リーグ戦が、7日に順位決定戦が行われた。 準決勝ではそれぞれのグループを突破した大阪・生野南と埼玉・オンマーズ、東京・大田と大阪・生野西が対戦した。結果、決勝では前大会と同じく、生野南と大田が対戦し、固い団結力を見せた生野南が2大会連続の優勝を果たした。閉会式では入賞チームが表彰され、副賞としてバレーボールが贈られた。また、大会成功に尽力した愛知・名駅名西に25回大会を記念し特別賞が贈られた。 初日の夕刻には、市内の飲食店で全チーム参加のもと交流会が行われた。名駅名西支部が準備した交流会では、公演やゲームなどで盛り上がり、参加者らは和気あいあいとした雰囲気の中で交流を楽しんだ。 
※競技成績 
 1位:大阪 生野南 2位:東京 大田 3位:埼玉 オンマーズ


(4/17更新 №162)

第25回 在日本朝鮮オモニ中央バレーボール大会

45年の歴史を持つ女性同盟のバレーボール大会。
25回目となる今大会には、予選を勝ち抜いた14チームが参加する。
スポーツを楽しむだけではなく、温かい同胞社会を築いていく上で大きな役割を果たしているサークル活動、バレーボール大会は私達の大きな誇りだ。

日時:2018年4月6~7日
場所:愛知県体育館(名古屋市中区二の丸1-1)  
    https://goo.gl/jkLKEJ
主催:在日本朝鮮民主女性同盟中央本部
後援:在日朝鮮人排球協会

参加チームの紹介

女性同盟愛知 <東春>

女性同盟愛知 <名駅名西>

女性同盟愛知 <南>

女性同盟広島 <ヘバラギ>

女性同盟兵庫 <姫路西>

女性同盟兵庫 <神戸>

女性同盟大阪 <生野西>

女性同盟大阪 <生野南>

女性同盟大阪 <中西>

女性同盟京都 <トッキ>

女性同盟神奈川 <川崎>

女性同盟東京 <大田>

女性同盟千葉 <西部東葛>

女性同盟埼玉 <オンマーズ>
  (3/29更新 №161)

全国120名の同胞女性達が集い、連日パワー炸裂!
~ 子育て支援「第13回在日同胞女性中央ゴルフ大会」~

「第13回在日同胞女性中央ゴルフ大会」が5月22~23日、静岡県グランデイエクシブ浜名湖で開催され、ここに日本全国から120名(35歳~84歳)のゴルフ愛好家達と関係者が集い交流を深めた。 10回大会からは、全国で子育て世代の若いオモニ達の子育てサークルを支援する為の「支援チャリティー」として催され、今年7回目の支援金を支給したこの大会。同胞社会の未来を担う子供達への愛情が込められている。 22日に行われた懇親会では、金剛山歌劇団チェヨンドク俳優と兵庫歌舞団ハンチャンシク団長による公演が行われ、参加者たちはこれでもか!という程の盛り上がりのなか、楽しいひと時を過ごした。 天候にも恵まれた23日、白熱したラウンドが展開され、ゴルフ愛好家達が技を競った。
【表彰】
(個人) 優勝:チンギョンエ(兵庫) 準優勝:シムミンジャ(京都) 3位ハヨンレ(三重)
(団体) 優勝:愛知B 準優勝:愛知A 3位:神奈川A

(2017年6月8日更新 / №126)

女性同盟結成70周年 芸術サークル競演大会を目指して
~ 岐阜県中濃支部 舞踊サークル「黄金時代」~

岐阜県中濃支部に舞踊サークルを立ち上げて2年。「少女時代が過ぎ熟女時代が過ぎても、れからもずっと私達は輝く黄金時代!」そんな思いを込めてサークル名を「黄金時代」と名付けました。平均年齢は60才! 舞踊経験者はなんとゼロ!「ニョメン結成70周年記念芸術サークル競演大会に参加したい思いで舞踊を始めました。」ニョメン県本部李委員長の指導のもと、来年の4月に行われる女性同盟芸術サークル競演大会を目指し月2回の練習に励んでいます。



244名の選手たちの熱い戦い、生野南が悲願の初優勝
ー第24回 在日朝鮮オモニ中央バレーボール大会ー

<第24回 在日朝鮮オモニ中央バレーボール大会>が5月14、15日にかけて広島サンプラザホール体育館で行われ、全国19チーム、27歳~66歳まで244名の選手達が熱い戦いを繰り広げた。       
初日の予選リーグを突破して2日目の決勝リーグに上がったのは東京‐大田、埼玉、大阪‐東大阪、生野南。
決勝戦は前回、前々回と同じカードの大田VS生野南となり、43年間の大会史に残る名勝負の末、セットカウント3対2で生野南が悲願の優勝に輝いた。
表彰式では、1位~3位のチームにメダルが授与され、大会に10回参加した12名の選手に「10回賞」が、チームが18年ぶりに再建され健闘した岡山ーシャインに「奨励賞」が、連日の大応援と温かいおもてなしで大会を盛り上げた広島同胞達に「応援賞」が授与された。
また、初日の夕方には参加者達による交流会が行われ、楽しいひと時を過ごしながら絆を深めた。
次回25回大会は、2018年度 東海地方で開催される。

朝鮮新報 朝鮮語版に記事が掲載 記事1記事2






バナースペース