本文へスキップ

 재 일 본 조 선 민 주 녀 성 동 맹 

在日本朝鮮民主女性同盟

子育て(子育てサークル、幼児・児童子育て支援)

子ども達の幸せのために力を合わせて民族教育を守っていこう
~第12回オモニ会会長・子育て支援事業担当者会議~

「第12回オモニ会会長・子育て支援事業担当者会議」が、東西に分かれて(6/10 東京朝鮮中高級学校、6/17 神戸市生田文化会館)行われ、各地のウリハッキョからオモニ会会長や役員たち、女性同盟各本部の子育て支援事業担当者ら約270名が参加しました。
会議では朝鮮大学校教育学部・洪英喆准教授がウリハッキョが置かれた現状や民族教育の本質について講演、子どもたちの幸せの為に皆で力を合わせて民族教育を守り抜いていくことの重要性が強調されました。元Jリーガー安英学氏をゲストに招いての対談では、自身にとってのウリハッキョの存在について、共和国代表時代のエピソード、オモニに対する想いなど多岐にわたる話を伺いました。
続いて、民族教育を守り発展させていく為に各地で行われているオモニ会や女性同盟の活動について7人の代表が基調報告をしたのち、グループ討論で講演に関する感想、地域での活動内容等について活発な意見交換が行われました。 参加者達は、厳しい情勢の中でも力を合わせて民族教育を守りぬく決意を新たにしました。

(2017年7月1日更新 / №130)

子育て支援地域活動補助金」審査結果発表
~22本部、82団体に支給~

2016年度の審査を経た「子育て支援地域活動補助金」の支給が、22本部・82団体に決定しました。この制度は、各地で行われている子育てサークルや幼児教室、子育て広場を支援するために女性同盟中央本部が2010年より実施しています。補助金は、子育て中のセセデオンマたちを応援する同胞女性中央ゴルフ大会参加者や同胞女性有志たちによる「サランの補助金」です。

東京 足立 アジャンアジャンクラブ
葛飾 チャボフェ
中央江東 2キッズ
新宿 新宿コブッJR
中杉 ポッスンアフェ
大田 ピョルムリ
ヨラム
台東 ポチ
城南 チャララ
板橋 ファニ
神奈川 川崎 タンシルフェ
南武 パンウルキズ
鶴見 ピドゥルキッズ
神港 ピョンアリフェ
横浜 セットンキッズ
西横浜 ヘバラキッズ
中北 パンチャックフェ
湘南西湘 アロンダロンキッズ
西東京 本部全域 トルガポ
本部全域 コッポンオリ
中部 スパイス
東部 チャララ
八王子 ソンサリ
千葉 本部全域 ヒャンア
西部 ピョンアリフェ
東葛 モアフェ
千葉 クリウォフェ
埼玉 南部 ピョンアリフェ
中部 アジャンアジャンフェ
茨城 本部全域 ヘバラギフェ
群馬 本部全域 ポッポフェ
栃木 本部全域 アルム
宮城 仙台 アロンダロンフェ
仙台 チジベベ
仙台 コメンイ
福島 中通 中通児童教室
会津 会津児童教室
浜通 浜通児童教室
愛知 東春・守山 ヤンパ
名駅名西 メアリ
名東 トングラミ
名中 サンムジゲ
ミンドゥルレ
名港 コルム
中川 ミレ
尾張 ピョンアリ
静岡 本部全域 ケーキッズ
三重 四日市 ナルゲフェ
鈴鹿 パンウルフェ
大阪 生野西 タンポポーポポ
中西 チャンミコッ
東大阪南 アイアイ
東成 トトリノモリ
城東・旭都・河北 キムパプ
兵庫 西神戸 アロンフェ
須磨垂水 フェオリ
明石 リュン
尼崎東 ポチクラブ
尼崎西 セットンキッズ
東神戸 ポムパラムcafe
姫路 ピョンアリ
姫路西 オリンナビフェ
加印 セットンフェ
京都 アイアイキッズ
伏見 プチエンジェル
南山城 ポッポクラブ
右京 セットンクファブ
西南 ピョンアリクラブ
西陣 イェポキッズ
左京 ソンサリ
西 ポッポキッズ
奈良 本部全域 コグマフェ
和歌山 本部全域 メアリ
広島 本部全域 アイプロ
東部 タルギコッ
山口 下関 タルギフェ
宇部小野田 コグマクラブ
岡山 岡山 レモン
福岡 小倉・門司・戸畑 タンポポクラブ
八幡・遠賀・若松 ヒヨコキッズ
遠賀 アルム
福岡 チャララ


(2017年6月18日更新 / №128)


オリニフェスタ―オリニンピック2016 in Aichi大盛況

~0~3歳オリニとオンマのミニ運動会~

11月9日愛知県春日井市の施設で「オリニフェスタ―オリニンピック2016 in Aichi」が行われました。
イベントは、愛知県下のオンマオリニサークルが集う「タンシムチュル連絡会」が主催。「より参加者の交流を深められるよう参加型のイベントにしよう」とミニ運動会を企画しました。
当日は48人の0~3歳のオリニたちとオンマ、ハルモニ、女盟の役員、各ハッキョオモニ会役員、スタッフら約140人が集まり大盛況となりました。
徒競走、玉入れなどの5つの競技の中で、特に「はいはい競争」はゴール地点に人山ができるほどの注目を集めました。「楽しかった。子どもの成長を感じることができた。」「居心地のいいイベントだった。いろんな世代のオンマたちが集まっていて心強かった。」と参加者は感想を残しました。(12月9日更新)


手を携え取組むことの大切さ確認
 
大阪府本部で「子育て支援部、子育てサークル、ユチバン責任者会議」

9月3日、女性同盟大阪で各支部の「子育て支援部、子育てサークル、ユチバン責任者会議」が28名の参加のもと行われました。 ニョメン本部より、アンケート(※大阪府下8か所のユチバンオモニ会と、各地域の子育てサークルを対象に実施)の分析結果が報告され、続いて子育てサークル、ユチバン責任者たちによる活発な意見交換が行われました。 参加者たちは会議を通し、ウリハッキョの為、ユチバンとサークルが情報を共有し、手を携えタッグを組むことの重要性を改めて確認しました。 南大阪ユチバン責任者のキムバンヒオモニは「他の地域の話を聞けてよかったです。南大阪は園児が少ない、通園距離が遠いなど、条件的には厳しいことがいっぱいですが、あきらめずに何かいい案を見つけていきたいです」と感想を述ました。


各地で伝達式

~子育て支援地域活動補助金~

女性同盟が運営する子育てサークルや幼児教室、子育て広場をより活性化するために、女性同盟中央本部が2010年度より実施している「子育て支援地域活動補助金」の伝達式が今年も各地で行われています。
今年は75の子育てサークル等に支給されました。
補助金を受け取った子育てサークル責任者たちは「これからも地域のオンマやオリニたちにとって心地よい場所を提供できるよう心がけていきたい」、この補助金を、オンマたちのニーズにあった活動を行うのに役立てていきたい」などと感想を述べました。補助金の伝達式は今後も各地で行われる予定です。
(写真 左:東京7/10、中央:宮城7/23、右:兵庫8/28)

三重子育てサークル 合同プール遊び
~「ナルゲフェ」と「パンウルフェ」~

三重県の子育てサークル、「ナルゲフェ」と「パンウルフェ」のオンマとオリニたち合わせて45人が集合! 
7月24日、夏休みに入ったばかりのハッキョに、水遊びをする賑やかな子供たちの声が響き渡りました。
ニョメン四日市支部と鈴鹿支部からは美味しい昼食、チョンサンフェからはスイカ、教育会からはカキ氷用の氷とシロップの差し入れ。地域のトンポたちに支えられている子育てサークルであることをみんなが実感した一日でした。


子どもたちの笑顔と元気な声で始まった「奈良の夏」
~子育てサークル「コグマ会」夏祭り

2016年7月17日、奈良ハッキョにて子育てサークル「コグマ会」主催夏祭りが行われました。
奈良子育てサークル「コグマ会」の催しは、昨年11月に行われた「な~らのイプニ動物園」に続いて2回目。今回は40名のファミリーが参加しました。アッパ達の特製カレー作り、奈良ユチバンで採れた野菜を使ったサラダ作り、うちわ作成、プール遊び、スイカ割り、景品釣りなど盛り沢山な内容で楽しく過ごしました。
普段なかなか見ることができない「厨房に立つアッパ達の姿」に、オンマ達も子どもたちも大喜びでした(笑)
牛骨からスープを取った特製カレーは大好評で、3升のご飯があっという間になくなりました!



民族教育守りぬく決意新たに
~第11回オモニ会会子育て支援事業担議~

「第11回オモニ会会長・子育て支援事業担当者会議」が、東日本(6/11 東京朝鮮中高級学校)と西日本(6/18 大阪朝鮮会館)で行われました。北は北海道から南は福岡まで、約280名のオモニ会会長や役員たち、女性同盟の子育て支援事業担当者たちが参加した今会議では、講演とシンポジウムが行われ、参加者達は、子どもたちの幸せと輝かしい未来の為に民族教育を必ず守り抜く決意を新たにしました。
講演「民族教育を守るために」では、ウリハッキョが置かれた状況やオモニたちによる国連活動について言及があったほか、当然の権利を獲得するために絶えず声を上げ多角的に行動していくことが大切だということが強調されました。
シンポジウム「民族教育は私たちの宝物」では、民族教育を守り発展させていく上で、オモニ会や女性同盟の活動をどのように展開していくべきかについて、5人の代表がそれぞれの経験に基づいて報告し、そのあと質疑応答も行われました。
参加者達は、
・ウリハッキョに子どもを送るオモニたちの気持ちは全国みな同じ、一つだと思いました。
・初めて参加しましたが、各地のオモニ会活動やオモニ達の想い、現在ウリハッキョが置かれている状況などを知ることが出来ました。
・朝鮮学校への差別をニュースで見て、実際にはどうだったのか、その場にいたオモニたちや子どもたちの想いを聞いて胸が痛みました。
・差別は今も昔もある。その度にひるまず闘ってきた先代たち。次は私の番だと思いました。
・これからも子どもたちの為に、ウリハッキョを守る為に頑張っていこうと思いました。
等、感想を述べました。

和気あいあい、各地域でオンマ達の多彩な催し 
~女性同盟 福岡~

女性同盟 福岡県本部では、各地域で子育てサークルが和気あいあいと行われています。
①5月13日、「アルム・ヒヨコkids合同朝鮮料理教室」が八幡支部で行われ、9名のオンマと4名の子供が参加しました。チェ テスン講師の下、食べた事はあるけど自分では作らないケジャンチム、ユッケジャン、イカチジミを作り、出来上がった料理を頬張りながら子育てや世間話等で楽しいひと時を過ごしました。

②5月18日、「チャララ講演会」が 福岡そぴあ新宮で行われ、オンマ14名、子供7名が参加しました。チェビョンリャン講師による講演-「私が幸せになれない本当の理由」を聞いた後、昼食をへて個別相談(占い)が行われました。家庭を守るオモニがいつも笑顔でいる大切さや統計学等を学びながら、自分がやるべき事をしっかりやっていく大切さについて改めて学びました。
③同日、朝鮮料理店<トトリ>にて小倉支部「タンポポランチ会」が行われ、オンマ12名、子供5名が参加しました。ワンプレートとランチでドリンクサービス付きのランチ会では、Onemore baby(もう一人産みましょう!)等、多岐にわたる話で花が咲きました。

子育てオンマ達による「チャララランチ会」 & 「たんぽぽヨガ体験会」
~女性同盟 福岡~

福岡県子育てサークル「チャララkidsクラブ」では、去る4月14日「チャララ ランチ会」を東区の飲食店で行い、ここに8名のオンマ達と4名の子供達が参加しました。「チャラ ランチ会」とは、日々の忙しい家事や子育てから少し離れて 子育ての話や子供の行事の話等 お喋りを楽しむ会です。当日は、ピクニックの予定が雨で急遽ランチ会に変更されましたが、楽しいひとときを過ごしストレスも発散し、明日からの力の糧を得ました。

小倉支部子育てサークル「たんぽぽクラブ」では、毎週木曜日に行われているヨガ教室の体験会を 4月21日に行い、ここに7名のオンマ達と3名の子供達が参加しました。 産後のオモニ、妊娠中のオモニ、体が硬いと悲鳴をあげるオモニ…等 様々でしたが、楽しい90分を過ごしました。今後も月2回程継続できればと思っています。

茨城児童教室「ヘバラギ」2016年度開講式 
~今年度から年少組も受け入れへ~
 

4月9日、茨城朝鮮初中高級学校 ヘバラギ教室にて「2016年度幼児教室ヘバラギ 開講式」が行われ、今年度から対象となる8名のオリニとその保護者、関係者ら35名が参加しました。6年目を迎える今年、新たに年少組を迎えた「ヘバラギ」。3歳児は、保護者と見学する1学期を経て2学期から正式に受講します。お祝いアーチの中を恥ずかしそうに入場してきたオリニ達は、習いたてのウリマルで呼ばれた名前に「イェ!」と元気よく答えていました。祝福に駆けつけた同校低学年の生徒達からの祝いメッセージや歌のプレゼントは、場を一層和ませてくれました。今年度もこの教室には、「ヘバラギ」オリニたちのかわいいウリマル、ウリノレが響き渡ります。



奈良のオリニ達は奈良とナ~らの宝
 
~子育てサークル「コグマ会」チャリティーボーリング大会~
 

奈良青商会が主催する「奈良オリニ達の為のチャリティーボーリング大会」が行われ、ここに30名が参加しました。
大会は「奈良オリニ達は、奈良とナーラ(私達)の宝」という温かい想いに溢れ、終始和やかでのアットホームな雰囲気の中で進行されました。
ボーリングを楽しんだ後は奈良ハッキョの教室に場所を移し、お寿司やオードブル、大なべのラーメンを囲みながら一つの大家族のような食事会を楽しみました。
ウリオリニたちの誕生、新入園や新入学を祝うためのこのチャリティー大会には奈良トンポたちの同胞愛が満ちていました。



「2015年度子育て支援地域活動補助金」審査結果発表 
~21本部、75団体に支給~

昨年12月に申請受付を締切った「2015年度子育て支援地域活動補助金」の審査を通して21本部、75団体に支給することが決定しました。
この制度は、各地で行われている子育てサークルや幼児教室、子育て広場をより活性化するために女性同盟中央本部が2010年より実施しています。
この補助金は、子育て中のセセデオンマたちを応援する同胞女性中央ゴルフ大会参加者や同胞女性有志たちによる「サランの補助金」です。
本部 管轄地域 モイム名
東京 足立 아장아장구라부 アジャンアジャン倶楽部
中央江東 2kid's 2Kid's
中杉 《복숭아》회 ポッスンアフェ
大田 별무리 ピョルムリ
요람 ヨラム
台東 버찌 ポッチ
城南 자라라 チャララ
板橋 환희 ファニ
神奈川 川崎 당실회 タンシルフェ
南武 방울깃쯔 パンウルキッズ
鶴見 비둘깃쯔 ピドゥルキッズ
神港 병아리회 ピョンアリフェ
横浜 색동깃쯔 セットンキッズ
西横浜 해바라기깃쯔 ヘバラキッズ
中北 반짝회 パンチャッフェ
湘南西湘 아롱다롱깃쯔 アロンダロンキッズ
西東京 本部全域 돌가보 とるがっぽ
本部全域 꽃봉오리 コッポンオリ
中部 스파이스 スパイス
東部 자라라 チャララ
町田 꽃나비회 コンナビフェ
千葉 本部全域 향아 ヒャンア
西部 병아리회 ピョンファリフェ
東葛 모아회 モアフェ
千葉 그리워회 クリウォフェ
埼玉 南部 병아리회 ピョンアリフェ
中部 아장아장회 アジャンアジャンフェ
西部 희망새 ヒマンセ
群馬 本部全域 뽀뽀회 ポッポフェ
栃木 本部全域 아름 アルム
宮城 仙台 아롱다롱회 アロンダロンフェ
仙台 지지배배 チヂベベ
仙台 토요아동교실 꼬맹이 コメンイ
福島 中通 나까도오리지부 유아교실 中通ユアキョシル
会津 아이즈지부 유아교실 会津ユアキョシル
浜通 하마도오리지부 유아교실 浜通ユアキョシル
愛知 東春・守山 양파 ヤンパ
名駅名西 메아리 メアリ
名東 동그라미 トングラミ
名中 쌍무지개 サンムジゲ
민들레 ミンドゥルレ
名港 걸음 コルム
中川 미래 ミレ
尾張 병아리 ピョンアリ
静岡 本部全域 케-킷즈 K-kid's
三重 四日市 날개회 ナルゲフェ
鈴鹿 방울회 パンウルフェ
大阪 生野西 단뽀뽀-뽀뽀 たんぽぽ-ぽっぽ
東大阪南 아이아이 アイアイ
東成 도토리노모리 ととりの森
兵庫 西神戸 아롱회 アロンフェ
須磨垂水 회오리 フェオリ
明石 リュン
尼崎東 뻐찌구락부 ポッチクラップ
尼崎西 색동깃즈 セットンキッズ
伊丹 화래 ファレ
東神戸 봄바람Cafe ポンパラムCafe
京都 아이아이킷즈 アイアイキッズ
伏見 뿌치엔젤 プチエンジェル
右京 색동구락부 セットンクラブ
西南 병아리구락부 ピョンアリクラブ
西陣 예뽀깃즈 イェッポキッズ
左京 송사리 ソンサリ
滋賀 本部全域 자라라쿠라부 チャララクラブ
奈良 本部全域 고구마회 コグマフェ
広島 本部全域 아이프로 アイプロ
東部 딸기꽃 タルギコッ
山口 下関 딸기회 タルギフェ
宇部小野田 고구마구라부 コグマクラブ
岡山 岡山 래몽 レモン
倉敷 엄마즈 オンマーズ
福岡 小倉・門司・戸畑 단뽀뽀써클 たんぽぽサークル
八幡・遠賀・若松 히요꼬킷즈 ヒヨコキッズ
遠賀 아름 アルム
福岡 자라라 チャララ


みんなの力で子供達の輝く未来を 
~埼玉中部地域オリニサークル「アジャンアジャン会」~

発足して18年目を迎える埼玉中部地域オリニサークル「アジャンアジャン会」修了式が3月9日、約50人の関係者、同胞たち、役員達参加のもと行われました。今期は、子供達には経験の場を、オンマ達には心安らぐ場を提供することを目標にピクニック、オリニランド、水遊び、ランチ会、リトミック、ハロウィン、クリスマス会、ストレッチ講座など季節にあった数々の催しを企画運営しました。その過程で年間を通して次第に会員の参加率も増えました。チョンユリ会長はスライドショーを見ながら1年間の活動を振り返り、地域青商会、県青商会、女性同盟、アジャンアジャン会OGオンマ、ユチバンの惜しみない協力に感謝の意を伝え、「アジャンアジャン会」がこれからも楽しくて豊かな同胞社会を築いていく重要な役割を担っていくことを願うと語りました。記念名前入りのタオルをもらった修了生達の表情も笑みに満ちていました。



ウリトンム、ウリノレが大好き! 
~茨城幼児教室「ヘバラギ」卒園修了式と5周年記念会~

2月20日、幼児教室「ヘバラギ」の2015年度卒園式及び修了式と開講5周年記念会が茨城朝鮮初中高級学校施設内で行われた。年長組「チンダルレ班」の卒園と年中組「ミンドゥルレ班」の修了式が「ヘバラギ教室」で行われた後、同校多目的室で「ヘバラギ教室」開講5周年記念会が行われた。この日、卒園する子供たちの父兄や関係者等約60名の参加者のもと、5周年記念会が盛大に行われた。2010年12月に開講した幼児教室「ヘバラギ」は、学齢前から朝鮮語や朝鮮の歌、踊りなどを子供たちに教え、民族の情緒を与えてあげようという趣旨のもと、講師のオモニ達が手探りと手作りで教室を運営してきた。午前11時から昼食をはさみ午後2時まで、季節やイベントに合わせ様々な取り組みを行い、学校の生徒たちとの交流も積極的に行ってきた。「ヘバラギ教室」が大好きだと、高速を乗り、1時間以上かけて通ってくれた家庭もある。6年目を迎える「ヘバラギ教室」を更にパワーアップさせようと、講師、関係者達は決意を新たにしている。



5年ぶりに開催された和歌山オリニフェスティバル
~オンマと一緒にクリスマス~

2015年12月23日。この日、和歌山ハッキョ講堂で37人のちびっことそのアッパ,オンマ達が集まり,一緒に歌や体操,工作や演劇などを楽しみました。最後にはサンタさんからちびっこ達へ,お菓子のプレゼントもありました。6人のオンマ達で結成された実行委員会。幼い子を抱えながら,仕事をしながら・・・とそれぞれができる最大限の力を尽くして毎日ハッキョに通い,少しずつ準備を進めてきました。 子供達のキラキラした眼差しを見ながら,今日のフェスティバルの大成功を実感していました。



私たちの宝-オリニたちにプレゼント 
~女性同盟栃木「アルム」クリスマス会~

12月12日、栃木ハッキョ音楽室にてアルム(オンマとオリニの会)主催のクリスマス会が行われました。
幼児、学生、保護者、同胞合わせて80名が参加し音楽室に入りきれないほど盛況でした。
パクソヨン、リチョンイム音楽講師のミニコンサート、親子のケーキ作り、サンタからのプレゼントで子供達は大はしゃぎ。主催者たちは子供たちに楽しいひと時をプレゼントできたことを喜びながら、これからも子供たちのため、ウリハッキョのため一丸となって頑張っていくことを確かめ合いました。参加したオンマたちは来年のクリスマス、サプライズが期待されると感想をもらしていました。



オンマオリニモイム<コブギ>再始動! 
~女性同盟東京 新宿支部 25年前のオリニが… ~

11月22日 新宿同胞センターに於いて、新宿オンマオリニモイム「コブギ(亀)」が主催したクリスマス会が開かれ、オリニ(児童)21人とオンマ(母親)を含める大人25人が参加しました。「コブギ」は25年前に新宿地域のオンマたちが作った子育てサークルで、「ゆっくり前に進み、長く続けよう」との想いを込めて立ち上げられた。ここ数年少子化などのため活動停止状態にあったのを、「コブギ」で育ったオリニ達がオンマになり継承することを決意し、同年代のオンマたちに呼びかけ、再出発。当日には三世代が揃って参加する姿も見られました。実行委員は25年前にもらったポーチを持参して「コブギ」の再出発の意義を話しました。クリスマス会はみんなで歌や体操を楽しんだ後、ランチとケーキ作りをして、最後に記念写真と手形を押したプレゼントを渡して終わりました。楽しいひと時を過ごした参加者たちは「又会おうね」と約束して別れました。



みんな真剣!みんないい笑顔! 
~第四回 西東京 幼児教室「コッポンオリ」開催~

11月21日(土)、西東京第一朝鮮初中級学校にて第四回コッポンポリ教室が行われました。 今回はミニ運動会でした。 セサギチーム、シアリチームに分かれて「勝っても負けても一生懸命頑張ること」を約束。 玉入れ、キャタピラリレー、コロコロドッジボール、障害物競走… みんな真剣!みんないい笑顔! オンマもオリニも楽しい一日を過ごしました。 西東京本部では地域の子育て支援部のメンバーたちが中心となって、隔月で独自の幼児教室を運営。学齢前の幼児たちが集いウリマル、ウリノレをウリトンムたちと楽しく学んでいます。



真心こもった手作り行事「な~らのイプニ動物園」
~奈良子育てサークル「コグマ会」

2015年11月15日、奈良朝鮮幼稚班 運動場にて「な~らのイプニ動物園」が催され子供たち21名を含め保護者、同胞、日本の友人ら 計67名が参加しました。「私」という朝鮮語と「奈良」をかけ「な~ら」のかわいい動物園と銘打ったように、奈良ハッキョにミニ動物園を作り上げたこのイベントでは、ミニチュアホース、うさぎ、亀、ハリネズミ、チンチラ、イグアナ等の小動物との触れ合いはもちろんのこと、コグマ会のオモニ、卒業生による ウリマルと日本語を織りまぜた紙人形劇「12支のお話」、クイズ大会、ニョメンオモニ達による豚汁の振る舞いと内容盛りだくさん。スルメキムチや海苔キムチ等の販売、地域行政からの支援金の獲得、動員など6月からはじめた緻密な準備が実を結びました。オンマ達の真心と熱意のこもった手作りの行事は子ども達は勿論、保護者達にも大いに喜ばれ奈良オンマ、オリニ達の輪を一段と広げるきっかけとなりました。




食欲の秋 毎日の食事と栄養について 
~女性同盟京都 伏見支部 プチエンジェル 食育セミナー~

2015.11.11、伏見支部高橋分会事務所にて、オンマオリニモイム「プチエンジェル」食育セミナーが行われました。保育園栄養士である朴志織オンマ(29)が、家庭の栄養管理を任されているオンマ達に、毎日の食事と栄養についてわかりやすく丁寧にお話してくださいました。質疑応答しながらの進行で、参加者のオンマ達も『勉強になった』と大満足でした。

バナースペース